今回は、元彼と喧嘩別れ後、新しい彼氏を作っても元彼が忘れられず、復縁告白をするも失敗した、ななママさんの体験談をご紹介します。

 
【復縁失敗談】

ペンネーム ななママ
年齢 28歳
職業 専業主婦
元カレの年齢 28歳
職業 会社員
  
私たちが出会ったのは中学1年生の頃です。
前から彼のことは知っていましたが、学校からの帰り道、初めて彼としっかり顔を合わせました。

彼は中学でもかなりモテる人で、私はそんな彼のことを勝手に嫌っていました。モテる人が苦手だったのです。

しかし、この日から彼のことが気になり始めました。
ただ、1つも接点がなく、唯一の接点はお互い運動部で、同じグランドで練習をしているということ。

彼は陸上部で、そんな彼をグランドの反対側からただ見ているだけの日が続きました。

そんな時、同じ部活の友人が塾に通いだしました。しかも、その塾に彼も通っていたのです。

すぐに親に相談し、その塾に入りました。そこから私たちは急接近。よく言い合いをするような仲良しの友達になり、メールもするようになりました。

ただ、彼はパソコン、私は携帯電話だったため、なかなか頻繁にメールは出来ませんでした。
そのもどかしさが余計に彼への思いを大きくさせたのです。

そんななか、彼は色んな女の子から告白されていました。しかし、すべてその場で断っており、女の子と付き合う気はないように見えました。

きっと私も告白してもふられるんだろうな、そんな風に思って、なかなか思いを伝える勇気が出ませんでした。それでも気持ちはどんどん大きくなり、フラれるのを覚悟で私からメールで告白をしました。

しかし、彼からの返事は予想外。「考えさせてほしい」というものでした。彼が私をフラずに返事を考えてくれるだけで十分な気持ちと、もしかしたら付き合ってくれるかもしれないという気持ちで、毎日胸がいっぱいでした。

しかし、それから待っても待っても返事はくれません。いつものように会話やメールはするものの、告白の返事はなし。それから1ヶ月。私はもう待つことが辛くなり、「もう待つのが辛いから、私をふってほしい」と伝えました。

そんな彼からの返事は「付き合おう」でしたが、恥ずかしがりやの彼からの最初のお願いは「付き合っていることを誰にも言わないでほしい」でした。

付き合っていた頃は、毎日何10通もメールをしました。色んな話もしました。

しかし、誰にも知られてはいけない関係だったので、一緒に登下校したり遊びに行くことは1度もありませんでした。

付き合えているだけで幸せ、という気持ちと、もっと先に進みたい、という気持ちが交差して、その言葉を口にする度に喧嘩していました。

彼とは完全に別れることになるまで、何度も別れて戻ってを繰り返しました。
原因はいつも、私が辛くなって別れてと伝え、それを彼が受け入れるというものでした。

しかし、1番最後に別れるきっかけになったのは、私たちが高校生になり、別の高校に通いだし、地元の公園で待ち合わせした時のことです。
その日はとても寒く、部活帰りの彼を寒さに耐えながら待っていました。

ようやく到着した彼に私が最初に言った言葉が、彼を遠ざけてしまいました。私は照れ隠しのつもりで「寒い」と言ったのですが、早く私に会いに来るために、一生懸命自転車を漕いで帰って来た彼にとって、この一言は辛かったそうです。

その数日後の喧嘩で、彼に「もう無理」と言われ、私たちは本当に離ればなれになってしまいました。

私は彼への未練を絶ち切るために、彼と付き合っていたときから私に好意を寄せてくれていた人と付き合いました。

彼と別れてから1ヶ月もしないうちに「友達に戻ろう」と話し合い、彼とは連絡を取る仲のままでした。
しかし、その行動が彼を忘れられなくしてしまい、新しい彼とは別れて、よりを戻してほしいとメールで伝えました。

しかし、彼と別れてすぐに別の人と付き合った私を、彼はもう受け入れてはくれませんでした。

彼を忘れたくて取った行動が、余計に彼を遠ざけてしまったことを今でも後悔しています。

今はお互い別の人と結婚し、新しい生活をしていますが、時々彼を思い出しては苦しい気持ちになります。
あの時、メールで伝えるのではなく、直接彼に会って思いを伝えることが出来ていたら、私の人生はまた違ったものになっていたかもしれません。

もし、復縁を望むなら、自分自身に諦めがつくまで、何度でも気持ちを伝えるべきだと思います。
直接相手に会って伝えることできっとなにかが変わるはずです。

振られた元彼に復縁を断られる


付き合っていた時から、喧嘩別れと復縁を繰り返していたお二人。しかし、ある日の喧嘩で彼から振られ、本当に別れる事に。

そんな元彼を忘れるため、ななママさんは別の人と付き合います。でも、別れた後に元彼とは友達に戻るという話し合いになっていて、連絡が取れる状態でした。そのせいで元彼への気持ちが忘れられなくなったななママさん。

そこで、新しい彼氏とは別れて、元彼に復縁したいとメールで伝えたそうですが、断られてしまいます。自分と別れてすぐ別の人と付き合ったななママさんを、元彼は受け入れられなかったようです。

今は別の人と結婚しているななママさんですが、結婚しても忘れられない元彼として、彼の事は今でも思い出すそうです。

元彼を忘れる為とはいえ、別れてすぐに別の人と付き合ったせいで、元彼の気持ちが冷めてしまった事。

よりを戻したいという気持ちを、どうして元彼に直接会って話さず、メールで伝えてしまったのか。

あの時ああしていれば…という後悔があったため、時が経っても元彼の事を思い出してしまうのだとおっしゃっていました。

復縁したい人へのアドバイス

ななママさんは、振られた元彼を忘れるために別の人と付き合いますが、実際は元彼とは連絡が取れる状態で、完全には未練を断ち切れていなかったようです。

しかし、その事に気づくのが少々遅かったのかもしれません。元彼と別れてから、早々と別の人と付き合ってしまいましたから、元彼からすれば「俺に対する気持ちはその程度のものだったのか」と思われても無理はない状況でした。

そんな状況で「復縁したい」と元彼に伝えても、彼の気持ちを動かすのはかなり難しかったハズです。

振られたショックや寂しさから、焦って行動を起こしてしまうと、復縁ができなくなってしまうケースも多いです。

本当に元彼とは縁を切っても良いのか?それとも、やっぱり反省してもう一度やり直したい気持ちがあるのか?これをよく考えてから行動を起こすべきです。

そして、どうしても忘れられない・復縁したい元彼なら、あらゆる手を尽くして復縁のチャンスをつかむべきです。

「あの時こうしておけばよかった…」という後悔は、一生ついて回ります。実際に、元彼の事を結婚しても忘れられない・復縁しなかった事を後悔しているという人はたくさんいます。

元彼との思い出を悲しいものにしないために、あなた自身の今後のためにも、後悔の無いよう選択・行動して下さい。

ななママさん、体験談のご提供、ありがとうございました。

↓コチラの記事も参考になります