今回は、なかなか元彼の一番の彼女になれず、最後は復縁を諦めた、たぬきちさんの体験談をご紹介します。

 
【復縁失敗談】

ペンネーム たぬきち

 当時、私も元カレも同じ大学に通う20歳でした。学部は違いましたが、同じダンスサークルに入っていてお互いのことは知っていました。

その当時は元カレには2年くらい付き合っている同じサークルの彼女がいましたし、私には3年彼氏がいなかったのでお互いに付き合うことは想像していませんでした。

 留学に特化した大学で、外国語系の学部に通う人の3割程度が1年にわたり長期留学する時期で、元カレの当時の彼女も留学することになりました。

サークル内に彼女がいなくなり寂しくなった元カレは、積極的に私も含む他の仲間とつるむようになりました。

私は当時、授業そっちのけでダンスに夢中になっており、個人で外部のイベントに申し込むほどでした。そのイベントに偶然、私と元カレのみが参加する予定になりぐっと距離が縮まります。

もちろん元カレに彼女がいるという前提は忘れていません。

そのイベントのための練習は毎回待ち合わせして二人で一緒に行くようになり、帰りは一緒にご飯を食べて帰るということを数ヶ月繰り返すうちに、サークル内ではコンビのようになっていました。

たぶんこの辺りで私の気持ちにも変化があったと思います。

 学年が変わり、3年になると二人でイベントに参加する機会が増え、練習で終電を逃し、彼の家に泊まることになりました。

私は彼に関して危機感を抱いていませんでしたが、二人で寝ていると突然キスされました。そのまま私も気を許してしまい、一線を超えてしまったのです。

彼女に悪い気もしましたが、元カレに話を聞くと留学先で浮気をされたから別れたとのことでした。付き合うスパン短いな、とも思いましたが好きな気持ちに正直になろうと思い、付き合うことになりました。

それからはたまに喧嘩することもありましたが、サークル公認の仲良しカップルとして順調に交際が続いていきました。

 1年半が過ぎ、お互いのことを良く知っていく上で、時間にルーズなこと、気に食わないことがあると自分が悪くても謝らないところがとても気になり、喧嘩が増えて、ついに元カレから別れを切り出されました。

私は嫌いなところもあったけれどまだ好きな気持ちが大きく、元カレに依存していたため憔悴していきました。
3ヶ月ほど経ち、そんな様子を見かねた元カレが復縁の話を持ちかけてきて復縁することになりました。

 しかし、ここから私はいつ振られるのかとびくびくするようになり、思ったことが言えなくなってしまい、結局半年続かないうちに別れることになりました。

驚いたことに元カレには私と別れた次の日に新しい彼女が出来ており、浮気されていたことを知ります。

完全に元カレのことを嫌いになれなかった私は、彼女がいると知りながらも元カレと連絡をとり続けていました。
元カレはとても器用な人で彼女と会わない時には私の家に来たり、二人で買い物に行ったりするもありました。

そんな2番目の女生活を1年続け、私の人生を狂わせる事件が起こります。なんと私が妊娠していたのです。元カレしかあり得ませんでした。

元カレはちょうどその時期彼女と別れていたので、私はすぐに元カレに妊娠のことを相談しました。

多分もう元カレには私と復縁する気はなかったのだと思います。
妊娠からのスタートは出来ないから、おろしてイチからやり直そうと言われました。

私は完全に納得したわけではありませんでしたが、その言葉を信じ、中絶することにしました。

当時私は就職して、一人暮らしをしており、誰にも相談出来ず元カレだけが頼りでしたが、そんな元カレにすぐまた新しい彼女が出来たのです。本当に信じられませんでした。

鬱病手前でもともと太っていた訳ではないのに10キロ近く痩せました。仕事は続けましたが、一人に耐えられなくなり、実家に帰る決断をしました。

家族はとても温かく、地元の友達とまた会うようになり少しずつ元気を取り戻すことができました。帰ってきて3ヶ月ほどは元カレからの連絡がくることを期待していましたが、徐々に友達との時間を大事にすることができるようになりました。

 あれから2年経ちました。今では25歳になりましたが、地元で遊ぶうちに出会った男性と結婚しました。

今の旦那さんと接するなかで私が経験した恋愛はとても特殊で、当時の私は目の前しか見えてなかったように思います。実家に帰ってきて本当に良かったと思いました。今は本当に幸せです。

二股を繰り返す元彼との復縁→別れ


サークル内で距離が縮まり、体の関係を持った末付き合う事になったお二人。でも、喧嘩する事が多くなり、元彼に振られて一度別れる事に。

しかしその後も、元彼には未練があったたぬきちさん。その様子を見ていた元彼からの提案で復縁するも、またうまくいかずすぐに別れたそうです。

実はその時、どうやら元彼には彼女がいたようで、たぬきちさんは自分が浮気相手だった事実を知ります。

それを知ってもなお、元彼を想い続けていたたぬきちさん。彼女の目を盗んで元彼と会う事を繰り返していたそうです。

そんな中、元彼の子供を妊娠したたぬきちさん。ちょうど彼女と別れたという元彼にその事を相談すると、おろして一からやり直そうとの返事。

しかし、その後元彼にはすぐまた新しい彼女ができたそうです。

元彼に復縁する気はないんだと悟ったたぬきちさんは、地元に帰り、別の男性と出会い結婚し幸せに暮らしているそうです。

復縁したい人へのアドバイス

元彼と付き合う→別れるを二度繰り返したたぬきちさん。その間元彼は、何度も二股をかけていたようです。

初めから一人の女性を選ぶつもりはなかったのか、元彼の真意はわかりませんが、最終的には元彼に復縁する気はないと判断し、たぬきちさんは彼と別れる事を決めました。

当時は、その後も元彼から連絡が来る事を期待していたそうですが、元彼の元を離れ、新しい生活を続けるうちに、別の良い出会いがあり結婚できたそうです。

別れたのにどうしても元彼を忘れられない、そんな人は少なくないと思います。

一度は特別な関係になった元彼ですから、忘れられないのも無理はありません。

でも、彼が自分に本気になってくれない、二番目の女としてしか扱ってもらえないと気づいたら、身を引く覚悟も必要なのかもしれません。

それでも良いから彼と一緒にいたい、その気持ちもすごく良くわかります。ただ、その状態で彼に彼女ができたり結婚しても、あなたは何も言えない立場です。

今は元彼を忘れられないかもしれませんが、時が経ち、状況が変われば、違ったご縁やチャンスが巡ってきます。

元彼にこだわり過ぎている自分に気が付いたら、少し元彼から離れてみると、違った考え方ができるきかっけになりますよ。

たぬきちさん、体験談のご提供、ありがとうございました。