今回は、彼氏に突然別れ話をされ、その後体の関係は続くも復縁に失敗した、おもちさんの体験談をご紹介します。

 
【復縁失敗談】

ペンネーム おもち

当時私18歳、介護士として病院で働いていました。彼は24歳で自営業、実家の跡取りでした。

高校を卒業して社会人になり、仲のいい友人と仕事終わりに海に行って、仕事のことなどいろんな話を海の浜辺でしていました。すると彼が友人といて声をかけられ、ナンパから始まったのがきっかけです。

その後彼と私は連絡先を交換しなかったのですが、私の友人が彼と連絡先を交換しており、友人が私の連絡先を彼に教えて遊ぶようになりました。

何回か食事に行ってドライブし、彼から告白されました。彼とは食事に行くも、好きというアピールなどもなかったので、告白にびっくりして考えさせてと一旦断りました。

でも、断ったことにだんだんモヤモヤしてきて、その後私からやっぱりお願いしますと言ってお付き合いが始まりました。

付き合っていたときは本当に仲が良く、いつも私を笑わせてくれました。アウトドアで県外によく出掛け、温泉旅行にも行きました。

また実家の両親にも会わせてくれたり、一緒に料理したり。喧嘩することも全然なく、このままこのゆるい感じでずっと一緒にいるんだろうなと私は思っていました。

私が仕事終わりのある日、その日は夜食事に行って彼の家に泊まる予定でした。すると急に話があると連絡が。電話越しに別れてほしい、もう自分のことは忘れてほしいと言われました。

喧嘩したわけでもないのにそのように言われた私は納得がいかず、何度も電話を掛け直して説明を促しましたが、もう無理と言われるだけでそのまま強制終了。納得のいかない別れで、私はただただ泣くしかなく、仕事をしているときは彼のことばかり考えしまって、眠れないし食事も喉を通りませんでした。

別れた後はもうきっぱり終わりだと私は思ったのですが、2週間に1回は彼の方から連絡してきてくれ、今までみたいに食事に行ったりドライブしたりしていました。体の関係もありました。

ただ、実家暮らしだった彼ですが、家にはもう近づかないでほしいなどと言われました。それでも私はまだ未練タラタラだったので、ズルズル関係だけを続けていました。もう1回前みたいに戻ろうと私から言ってもいつも上手く誤魔化されました。
辛かったけど、それでも彼に会えるなら私はどんな関係でもよかったのです。

後に彼の友人に会い話を聞いたところ、彼は私との結婚を視野に入れて付き合っていたようですが、彼の両親が私との交際に反対し、跡取りの彼は反抗することが出来ず別れたと聞きました。

私がどうお願いしてもそういった理由で結果復縁には至らずでした。私も彼が好きと言い続けるので、いいようにズルズル会う、でも正直に別れた理由を言わない、なんだかすごく卑怯でした。

本当に好きなら家業を継ぐことも大事ですが、もっと両親を説得してほしかったです。結果的に別れて5ヶ月程してから、私が吹っ切れて連絡を取ることも辞めました。連絡は来ましたが無視しました。お互いのためにもこれでよかったんだと思います。

別れた後にズルズル関係が続くのは、自分にとって何のメリットもないので、本当に自分のことを想ってくれる人を大事にするべきだと思いました。

 

彼氏に突然振られる→曖昧な関係に→復縁叶わず


喧嘩もしていないのに、急に彼氏から別れて欲しいと言われたおもちさん。当然、納得がいくわけがありませんが、彼の意志は固く、結局強制的に別れる事に。

でも、別れてからも彼からは頻繁に連絡があり、会ったり体の関係を持ったりしていたそうです。ただ、復縁したいというおもちさんの告白はいつも上手くかわされ、そのような付き合っていない元彼との関係が続いたといいます。

恐らく、おもちさんがまだ彼を好きだという事が彼にもわかっていたのでしょう。それで、「向こうが求めてくるなら…」と、曖昧な関係を続けていたのかも知れません。

結局のところ、彼は両親の反対があって別れ話を切り出したそうで、おもちさんが何と言おうと復縁は難しかったようです。

その後も、彼からたびたび連絡はあったそうですが、途中でおもちさんが吹っ切れて、連絡を返さなくなった事で、お二人の関係は終わったそうです。

おもちさん自身も、ハッキリしない関係がずっと続くよりは、きちんと関係を終わらせて良かったと思うとの事です。

復縁したい人へのアドバイス

復縁を成功させるには、

  • 元彼に未練がある素振りを見せない
  • 復縁するまでは元彼と体の関係は持たない
  • 別れの原因(振られた原因)を改善する

この3つのポイントが大切です。

・未練があるから、元彼の誘いには必ず応じてしまう
・嫌われたくないので、求められたら体の関係は拒まない

このように元彼と接していると、あなたは元彼にとって都合の良い女になってしまいます。

「こいつは俺の事が好きだから、いつでも会ってくれるし、体の関係も続けてくれる」=「わざわざ復縁しなくても、このまま会いたい時だけ会えればそれでいいよね」

元彼からこう思われてしまったら、復縁を叶えるのは難しくなります。

元彼に復縁を迫るのではなく、「復縁したい」と元彼に思わせなければいけないのです。

そのために必要なのが、別れた原因(振られた原因)を改善する事です。元彼が別れたいと思った根本原因が改善されれば、またやり直したいと思ってもらえます。

今回おもちさんのケースでは、元彼からの誘いに応じで、別れた後も体の関係も持ってしまいました。そんな関係の中で元彼に復縁を求めても、はぐらかされ続ける日々。未練がある事が元彼に伝わってしまったためです。

さらに、別れの原因が彼の両親の反対という、おもちさん自身では解決できない問題でした。そのため、彼の気持ちを動かす事が難しく、復縁は失敗に終わりました。

ただ、おもちさんはその現実に気づき、元彼との曖昧な関係も復縁もキッパリやめようと決意し、前に進むことができました。

元彼の気持ちや別れの原因をよく考え、どうしても彼の心は動かせないと判断したら、復縁にこだわらず、次の恋愛に切り替えるという事も大切なのですね。

おもちさん、体験談のご提供、ありがとうございました。

↓コチラの記事も参考になります