今回は、元彼の出会い系サイトの使用が発覚して別れるも、彼が忘れられず復縁をした、ゆうみさんの体験談をご紹介します。

 
【復縁成功体験談】

ゆうみ・年齢 38・職業 OL 
元カレの年齢35・職業 派遣社員

彼と私が出会ったのは、真剣に出会いを探す男女が集まる出会い系サイトです。
彼が私を気に入ってくれてメッセージをくれてて私も彼に返信をしました。

お互いメッセージを重ねること2カ月。色々な方とメッセージのやり取りをしましたが、出会い系が初めての私はサイトで出会うのはちょっと怖いと思っており、メッセージのやり取りは一番続いたのが彼だったので会うことにしました。

実際に顔合わせは喫茶店でしました。同じ趣味があったわけでもないので、一生懸命私が話題を広げて、そしてタイプです、とアプローチしました。そしたら、その場で付き合ってください、と彼に告白されて付き合いました。  

付き合い始めてもお話し上手ではない彼でしたので、物足りなさを感じながらも公園を散歩したり、映画を見たり、食事をしました。彼は私の事や自分の事をあんまり話すタイプではなく、私自身もそういうタイプですので話す内容はニュースや見たテレビの事、スポーツの話など。時折仕事の愚痴を私が言うくらい。

お付き合いは2か月でした。全くその間価値観を話すこともなく、喧嘩もしなかった。

メールは交互に返信していたのですが、彼は会うまでは熱心にメールしてくれたのにメールの回数が減った。私は寂しさ、不信感からまた出会い系サイトも同時並行し始めた。

彼がメッセージをくれない日はほかの人とやり取りしたし実際に飲みに行った。いつ彼が離れていっちゃうか不安もあったのでいつでも会えるキープも作った。

そんなことをしていたら余計に彼の事が不安になり、出会い系サイトのあちこちに彼がいるのではと検索した。いた、彼が。しかも複数サイトに。

彼に出会い系サイトの事を問いつめた。「誰とも会っていない、君だけしかつきあっていない。」との事だったけど納得いかなくて別れた。

その後出会い系サイトを通じて7人の男性と出会った。すぐ彼なんて作れると思った。できなかった。気分になれなかった。告白されても断った。次回会う予定を入れた人とは流れた。相手が体目的で逃げた。そんなことを2カ月していたら疲れました。

他の人に会って彼の良さをしみじみ感じただけ。より彼に会いたくなっただけ。

自分だって彼に心を開こうとしなかった、お互いに恋愛経験が少ないのに色々求めてしまった、しっかり反省をし、でもその点はやっぱり伝えられない自分がいて「ご飯食べにいこうよ!」と彼にメールした。

そしたら彼、即メールくれた。いろいろとメールでやり取りしてから会おうと思ったけれど、多分こじれる。あんまりメールしないようにして一緒にご飯を食べにいった。すごく嬉しかった、今までで一番楽しいデートだった。

そして、彼が心を開こうとしてくれないというよりも、私自身が開こうとしないこともあり、ただただ冗談言ってランチした。

復縁は求めすぎないことだと思いました。彼が足りないと思うよりも自分が足りなかった、自分も悪いことした、悪い所もたくさんあった。そのことに気付くこと。そして、彼の気持ちを欲しがらないことで成功すると思います。

私はまだまだ彼の本心なんてわかりません。暇だからなのか、さみしいからなのか会ってもらっている。感謝している。それでも自分は彼だと思って接しているし彼にして欲しいことなんてない。何も求めない。
ただ、自分は彼に優しさと楽しい時間を与えたい。復縁なので、縁が戻れた、また会えたので幸せを感じる。

ネットで出会った彼と付き合い別れるまで


ゆうみさんと元彼は、恋活・婚活サイト「マッチドットコム」で出会ったそうです。

真面目な出会いというキャッチフレーズに惹かれて利用し始めたそうですが、実際に丁寧な対応をしてくれる男性が多かったとのこと。その中でメッセージが一番続いた彼と実際会い、アプローチしたところ告白され、お付き合いが始まりました。

と言っても、二人に共通の趣味があったワケでもなく、会っても世間話をするくらいで、深い話はせず、喧嘩もしなかったそうです。

そして付き合ってしばらく経ち、初めの頃よりも、彼からのメールが徐々に減り、ゆうみさんは不安な気持ちが大きくなっていきます。

「このままでは彼が離れていくかもしれない」そう感じたゆうみさんは、彼と連絡を取ったり会ったりしていない時に、出会い系サイトで別の男性とやり取りをしていたそうです。実際に男性と会う事もあったとか。

そうこうしていると、余計に彼に対して不安を感じるように。そして、出会い系サイト内で彼を探してみたら、何と複数のサイトに彼がいる事が発覚。

彼にその事を尋ねても、「誰とも会っていない、付き合っていない」の一点張り。その返答に納得できなかったゆうみさんは、彼との別れを決意します。

お互いに、彼氏・彼女がいながら出会い系サイトを使っていたお二人。もしかすると出会い系サイトでは、複数の異性と同時に交流を持つ人が多いのかも知れません。

フリーで出会いを求めているうちは、それでも良いかと思います。ですが、彼氏・彼女ができたのであれば、一旦出会い系サイトでの活動はお休みして、付き合っている相手に集中するべきかも知れませんね。

出会い系サイト内で知り合って付き合い始めたのであれば、お互いがそのサイトを休会や退会した事を確認し合うと良いですね。

元彼が忘れられず、彼に連絡→復縁

ゆうみさんは元彼と別れてから、出会い系サイトで新しい彼氏を作ろうとしました。しかし、何人もの男性と会っても心が惹かれず、告白されても断ったそうです。

元彼と別れた事で、かえって彼のよさが分かり、また彼に会いたくなって、ゆうみさんから元彼を食事に誘いました。元彼はすぐに返事をくれ、楽しいデートができたそうです。

ゆうみさんからの連絡を無視するわけでもなく、むしろ即返事をくれた元彼。この態度から、元彼にもゆうみさんに対する好意が残っていたのではと想像できます。

元彼から「付き合って欲しい」と直接言われた訳ではないけれど、彼が会ってくれる事が幸せで、彼に感謝しているというゆうみさん。

復縁したい人へのアドバイス

一度別れた事で、元彼の良さを再認識し、彼の魅力に気が付いたという人は多いです。ゆうみさんもその一人で、元彼が身近にいてくれている事にただただ感謝をし、それ以上の事は何も求めていないそうです。

無理に復縁を迫ったりせず、元彼がそばにいるだけで満足、むしろ自分が元彼に与える存在になりたいと言うゆうみさん。

そうした謙虚に元彼を想う姿勢が、彼の気持ちを繋ぎ止め、復縁を成功させた要因なのかも知れませんね。

ゆうみさん、体験談のご提供、ありがとうございました。


『元彼を超える人がいない時の対処法(未練の断ち切り方・復縁の仕方)』