今回は、彼氏に浮気をされ別れるも、復縁を求められヨリを戻し、また彼氏の浮気が原因で別れる事になった、あいさんの体験談をご紹介します。

 
【復縁失敗談】

あい 28才 主婦
元カレ 28才 

彼と出会ったのは高校2年生の時でした。
コミュニティーサイトを見ていた私は、私の好きなバンドを好きだと書いている彼を見つけてメッセージを送りました。
バンドの話で盛りあがり、直接連絡を取り合うようになり、お互いのことも話しているうちに惹かれ合い、彼から告白されて付き合うことになりました。
彼は2県隣の県に住んでいた為、遠距離恋愛でした。

当時、彼は学校には行っておらず、働いていて、2ヶ月に1回くらいの頻度で彼が会いに来てくれていました。
すぐに会えないことは淋しかったけれど、「会えない時間が長い分、次会えるとき嬉しいから。」と言う彼の言葉が好きでした。
私が高校を卒業したら一緒に住もうと言ってくれ、早く一緒に暮らしたい。ずっと一緒にいたい。と思っていました。

高校卒業後、彼は中々引っ越して来てくれず、「いつになったら一緒に暮らせるの?」「まだ行けない。」とケンカになることもありましたが、数ヶ月後には彼が引っ越してきてくれて、一緒に暮らし始めました。

ただ、私が学生の時は、会いに来てくれた時にかかるお金は、ほぼ社会人の彼もちだったのですが、彼が引っ越して来てからは、完全に居候、ヒモ状態になっていました。
こちらでの生活に慣れるまで。などと理由をつけて、仕事を探そうともせず、私が仕事に行っている間は、ゲームや、私のお金でスロットに行く日々。携帯代や食費も全て私が払っていました。

でも、私の仕事が終わる時間には毎日迎えに来てくれたりしていて、そういう優しさや、今まで学生時代には色々出してもらってきたから。という理由で許して、お金を貸したりあげたりしていました。

そんな生活が10ヶ月くらい続いたある日、夜中ふと目が覚めると、彼が隣で電話をしていました。
声をかけるタイミングを逃したのですが、電話相手はどう考えても浮気相手。
気づかないふりをすべきか、怒るべきか、予想もしていなかった出来事に動揺し、心臓がうるさいくらいドキドキしていました。

どうすればいいのかも分からず、ただ黙って彼に背を向けていましたが、次々に涙がこぼれてきておさえられず、嗚咽が止まらなくなりました。
私が起きていることに気づいた彼は、慌てて電話を切り、電話の相手は母親だと、かなり無理のある嘘をつきました。

私が問いつめると、キレはじめ、「信じてくれないのか」と言い出しました。
裏切られた気持ちが大きく、ヒモ状態なこともあり、もう無理だと伝え、別れてもらいました。
翌日、彼は実家に帰りました。

それから、毎日のように謝罪と復縁を迫る電話をかけてきましたが、断り続けました。
1週間後、彼は就職した。と報告の電話をかけてきて、

「お金の為に付き合っていたわけじゃない。ちゃんと働くし、借りたお金も返す。もう浮気もしないから、もう1度だけチャンスが欲しい。」

と言ってきました。
信じきることはできませんでしたが、3年付き合って、情もあり、もう1度だけ信じてみよう、と復縁しました。

また遠距離恋愛が始まりました。
毎日電話をしてきてくれ、3ヶ月程たち、元の関係に戻りつつあり、次会う日にちを決めたりしていました。

ところが、私から電話をかけた時、彼の電話に女性が出ました。
女性は彼の彼女だと言いました。
彼を信じきれていなかったので、そんなに驚くこともなく、「やっぱりか」「またか」という気持ちだけで、私は冷静でした。

「私も彼女です。」と言うと、相手の女性は戸惑っている様子で、
「…え?」と言いました。
「彼にサヨウナラと伝えてください。」とだけ言って、電話を切りました。

すぐに彼から電話がかかってきましたが、出ずに切りました。
何度もかけてくるので、出ると、
女性が彼女だと名乗ったことを知らないのか、
「今のは友達だ。」と言ってきました。
でも、私にはもうどうでも良かったのです。

彼は独占欲が強く、束縛してくるタイプの人で、異性と挨拶をするだけでも嫌がる人でした。
彼と付き合いはじめた時に、自分も消すから、異性の連絡先を消してほしい。と言われて、遠距離恋愛だから余計に不安もあるのだろうと思い、消しました。

相手にされるのは嫌なのに、自分はいいのか。とか、今、信用を取り戻さないといけない状況でこれはだめでしょ。とか色んなことを思いました。

彼には、
「チャンスは1回って言ったよね?もう終わりだね。」
と言いました。
彼は「ごめん…」と言いました。
泣いて、もう絶対しない。と言ってくる彼に、すーっと冷めていく自分が分かりました。

外で電話をしていたのですが、電話を切った後、何だか自分がバカらしくなって、空を見てため息をつきました。

そして、そんな男はやめておけ。と言ってくれていた友人に電話をして、
「別れたよー!やっぱりあなたの言ったとおりクズだった!!目が覚めました。」と報告しました。

彼は別れた後、何度か連絡をしてきましたが、私は出ませんでした。
1ヶ月後、私は別の人と付き合いはじめました。
彼が連絡してきたので、出て、
「新しい彼氏ができました。もうあなたと関わるつもりはありません。」と伝えました。
それ以降、彼から連絡がくることはありませんでした。

今では連絡先も分からないし、何をしているのかも知りません。
もちろん、貸したお金も返ってきていません。

無駄な時間とお金を使った気もしますが、必要な経験だったのかな…とも思います。

精神的に彼に助けられていた部分もあり、あの頃の私には、彼が必要で、彼に依存していた部分もあったんだと思います。

働きはじめてからは、逆に彼が私に依存している状態でしたが、しっかりしていた彼がそんな風になってしまったのは、甘やかせていた私にも原因があったのかもしれないと思います。

別れる。と決定するには、何かしらの理由があると思います。
私のような失敗をしない為にも、復縁するときには、その理由を受け入れたり許したりできるのか、復縁したいのは情や依存ではないのかなど、冷静によく考えてからにするのがいいと思います。

ヒモ状態の彼の浮気が発覚し、別れる


遠距離恋愛の末に彼との同棲が始まったものの、働かない彼の生活費までずっと負担していたあいさん。今まで色々彼に世話になった事もあったから…、と、1年近くそんな生活を続けていたそうです。お金を貸したりもしていたのだとか。

ですが、彼が浮気相手と電話している現場を目撃し、喧嘩になり彼とは別れる事を決意。彼を信頼できなくなってしまった事と、お金の面でも依存されていた事も、別れに踏み切った大きな理由だったそうです。

復縁を迫られ応じるも、また浮気され別れる

別れた後も彼は、かなり熱心に復縁を申し出てきたそうです。

初めは相手にしていなかったあいさんも、彼が就職した事や、あいさんに借りたお金を返す事、もう浮気もしない事を聞かされ、情が湧いて復縁を受け入れました。

また彼との遠距離恋愛が始まり、最初の頃は順調だったそうですが、ある日あいさんが彼に電話をかけると、女の人が電話に出たのだとか。しかも、彼の彼女だと名乗るその女性。

しかし、一度彼に浮気された経験があり、100%彼を信頼して復縁した訳でもなかったあいさんは、そこまで驚かなかったそうです。彼に愛想が尽きたあいさんは、自分も彼女だと名乗り、彼にサヨナラの伝言を残し、アッサリと電話を切ります。

その後、当然彼から何度も着信がありますが、もう彼の事を心底どうでも良く思っていたあいさんは、冷たく彼の電話に応対し、電話を切りました。

それからも、彼からしきりに電話がかかってきたそうですが、あいさんに新しい彼氏ができ、その事を彼に伝えると、ようやく彼からの連絡は途絶えたそうです。

復縁したい人へのアドバイス

復縁に失敗した事を振り返り、その経験からあいさんは多くの事を学んだとお話して下さいました。

・彼の「もう浮気しない」という言葉に根拠も責任もなかった事

・「お金を返す」という約束も口だけだった事

・友達が「やめた方がいい」と言った彼とは、実際にうまくいかなかった事

・自分が彼を甘やかしたのも良くなかった事

 

復縁を申し出る時は、必死になって自分が変わる事をアピールしてきた彼でしたが、結局浮気を繰り返し、貸したお金も返ってきませんでした。

その彼との付き合いは、あいさんの友達からは反対されていたそうです。情をはさまない第三者の評価は的確な事が多く、彼との付き合いに疑問を感じたら、他の人の意見も取り入れると冷静な判断ができるのかも知れません。

しかしあいさんは、全てを彼のせいにするのではなく、自分のせいで彼が自分に依存するようになってしまった可能性もある、と話しています。

「あんな男は最低だった」と、元彼にされた事が許せないと思い続ける人もいるかと思います。でも、「彼と付き合っていた自分にも何か非があったのかな?」と、あいさんのように考える事ができれば、その後自分が成長することに繋がります。また、彼との思い出も、意味のない無駄なものだったと思わずに済みます。

もしあなたが元彼との復縁を考えているなら、情に流されて決断しようとしていないか?何となくお互いに依存しあって復縁しようとしていないか?をよく考えるべきだと、あいさんはおっしゃいます。

彼と一度別れた事実から目を背けず、なぜ別れたのか?別れようと決めた彼と本当にもう一度やり直せるのか?冷静に判断し、復縁するかどうか判断すべきとの事でした。

あいさん、体験談のご提供、ありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018