恋愛初期の段階では、気になる相手をデートに誘おうと思っても、どうすればいいのか迷ってしまいますよね。いつ、どこに、どうやって誘うのか、相手の興味はどこにあるのか、断られたらどうしようか等、悩みはつきません。

そんな時はやはり、食事デートが定番で誘いやすいですよね。誰かを食事に誘うという行為は友人同士でも行われるものですし、気軽に誘いやすく、また気軽に応じやすいからです。その時、

「今度一緒に食事でも行かない?」

とだけ言うよりは、

「この間お世話になったお礼に、食事をご馳走させてもらえませんか?」

「最近このお店の写真映えするメニューが気になってて、もし興味あったら一緒に行きませんか?」

こんな風に提案すれば、相手も断りにくくOKしてもらいやすいです。

さらに食事デートには、誘いやすい以上に大きなメリットがあるのです。今回は、食事デートが恋愛成功に役立つ3つの理由を、心理学の観点からご紹介します。

①ランチョンテクニック

人は、美味しいものや素敵な雰囲気を味わっている時、気持ちがリラックスします。そういう時は、「対立をさけて否定的でありたくない」という心理が無意識のうちに働きます。

つまり、食事をしながらの席では、相手の要求やお願いにノーと言いにくくなり、ついついイエスと承諾しやすくなるのです。

政治家の密会からお見合いパーティーに至るまで、誰かと親睦を深めるための集まりには、必ずと言っていいほど「美味しい食事」がセットになっていますよね。これも同じ理由からです。

これをランチョンテクニックと言い、恋愛の場においても活用できるテクニックなのです。

相手を口説きたい時には、食事をしながらがベスト、という事です。

一点だけ補足しますと、「口の中で食べ物を咀嚼している時は、より相手の言っている事を信じやすい」というデータがあると、参考文献に載っていました。

という事は、カフェでコーヒーやお茶を飲むだけよりは、クッキーやケーキなども添えた方が、より相手に自分の気持ちを理解してもらいやすくなるという事です。

脳と体は、別々に機能しているようでも、やはりどこかでつながっているものなのですね。

②連合の原理

連合の原理とは、

例えばモーターショーなどで車の横に美女を配置する事で、観客が「美女への好意」を「商品への好意」に無意識に結びつけてしまう、という原理の事です。

「2つの対象がお互いに結びついていると錯覚する」という、脳(潜在意識)の性質を利用したテクニックですね。

食事デートでも、この連合の原理が働きます。食事やお店の雰囲気に感じている好印象を、あなたへの印象へと結びつける事ができるのです。

「美味しい食事」=「素敵なお店」=「あなたへの印象」

例えば夜景が綺麗なレストランで、美味しいフレンチフルコースにワインを楽しむデート。こんなデートを気になる相手としたらどうでしょう?

・食事での快楽→あなたとの楽しい時間

・素敵なお店の雰囲気→あなたが魅力的に見えてくる

・アルコールで上がる心拍数→あなたに対するドキドキ感に変わる

このように、食事を通して相手が感じた事が、全てあなたに結びつくのです。食事デートには、これだけ恋愛を後押しする要素が詰まっているのです。

③恋の始まりフェロモン「ドーパミン」

脳内物質であるドーパミンは別名「脳内麻薬」とも呼ばれ、快楽やドキドキを感じさせる、まさに恋の始まりフェロモンでもあります。

人は、初めてのものに対する好奇心や期待感を感じると、ドーパミンが分泌されます。これが大量に分泌されると、人間は快楽を感じ普段のような正常な判断ができなくなります。

つまりデートの時に、初めての場所でドキドキさせ、美味しい食事や特別な雰囲気でもてなせば、相手の脳内ではドーパミンが分泌され、自然と口説きやすい状態になるのです。

まとめ

いかがでしたか?

ランチョンテクニックで、相手にノーと言えない雰囲気をつくる。

連合の原理で、食事や店へ感じた好意=あなたへの好意だと錯覚させる。

ドーパミンで相手をドキドキさせ、口説きやすい状態にする。

このように、3つの効果が期待できる食事デートは、相手を落とす時の必殺技になりえるのです。