「大好きな彼氏と喧嘩なんてしたくない」誰もがそう思いますよね。

でも、男女の考え方の違いやちょっとしたきっかけで、カップルには喧嘩がつきものです。

そんな時に、できるだけ早く・平穏に喧嘩した彼氏と仲直りする方法を、心理学の観点からご紹介します。

(心理学者・臨床心理士である植木理恵先生の書籍を参考にしました。)

彼氏と喧嘩になりかけた時の対策


これは、彼氏と喧嘩になる一歩手前の場面での対策方法です。喧嘩を未然に防ぐ方法ですね。

彼氏との言い合いが段々激しくなり、ヒートアップし始め、「あ、このままじゃまた喧嘩になっちゃう」と思った時。こんな時に、喧嘩に発展させずすぐ仲直りするためには、彼氏にこんな言葉を伝えるのが効果的です。

「悲しいから、喧嘩はもうやめよう?」

ここでポイントとなるのは、感情を言葉にして冷静に彼氏に伝える、という点です。

感情を言葉にすると、男性の心にとても強く刺さり、喧嘩がそれ以上悪化するのを防ぐ効果が期待できます。

ただ、感情を言葉にすると言っても、「ひどい!」「ありえない!」と泣き叫んだり、彼氏を非難するのはNGです。

それでは彼氏の怒りも増幅し、仲直りどころか逆効果になります。あくまでも冷静に、喧嘩はしたくないというあなたの気持を彼氏に伝えましょう。

※「悲しいから、喧嘩はもうやめよう?」というセリフは、彼氏との喧嘩が始まる前に言ってこそ効果があります。
すでに喧嘩が始まっていて、お互い散々言い合った後にこのセリフを言うのは、かえって彼氏を怒らせますので注意。「自分もあれだけ文句言っておいて、今さら何言ってんの?上から目線?」と、余計に喧嘩が白熱してしまいます。
喧嘩した彼氏と仲直りする方法は次にご紹介していますので、もう彼氏と喧嘩になってしまった人はそちらを参考にして下さい。

 

喧嘩した彼氏と仲直りする方法

すでに彼氏と言い合いの喧嘩をしてしまい、気まずい雰囲気になってしまった場合は、コチラの対策方法が効果的です。

1.しばらく彼氏と距離を取る


喧嘩をした直後は、男女関係なく頭に血が上り、冷静でなくなります。そんな状態で話し合いをしようとしても、また言い合いの喧嘩に発展するだけです。

ですから、彼氏と喧嘩をした後は、しばらく一人になり、まず興奮を鎮める必要があります。

特に女性は怒り出すと、余計なものがどんどん目につき怒りが高まってしまう性質があります。

彼氏と話していても、「なにその態度?」「今、なんで目そらしたの?」と、次々癇に障る部分が出てきてしまい、収集がつかなくなってしまうのです。

そのため、女性は怒りを鎮めたいと思ったら、しばらく暗い場所に一人でいるようにすると良いのです。目をつぶって瞑想状態になっても良いかも知れません。

視界に何も入らない状態にする事で、怒りが収まり、彼氏への仲直りの提案も冷静にできるようになるのです。

2.喧嘩の原因・反省点をハッキリ伝える


男性は、論理的に物事を説明されると納得する傾向があります。

これは喧嘩をした時にも言える事です。

・喧嘩の原因は何だったのか?

・誰がいけなかったのか?

・今後どう反省するべきなのか?

 
この点をハッキリさせ、彼氏にきちんと言葉にして伝えるのです。

「あなたが〇〇されるの嫌いだってわかってたのに、配慮が足りなかった私が悪かったんだと思う。」

このように、できればあなたの非を認めて謝る形にした方が、仲直りはスムーズです。

喧嘩といっても、100対0でどちらかだけが完全に悪いというケースはほとんどないハズです。良く思い返してみれば、あなたにも何かしらの落ち度はあるでしょう。

穏便に喧嘩を収めたいなら、あなたが少し大人になり、先に謝ってあげた方が良いです。彼のプライドを持ち上げてあげれば、彼の気持ちも収まり、それ以上関係が悪化する事を防げます。

彼氏と喧嘩した時、絶対やってはいけない事


女性はやりがちですが、喧嘩した時にとりあえず「ごめんね」と謝られるのが、男性は大嫌いなのです。

先ほどお伝えしたように、男性は論理的に説明されると納得をします。それなのに、その場を収めたいという気持ちから、女性が理由も説明せずただ謝ってしまうと、まさに火に油を注ぐようなものなのです。

実際に、怒りに関する男女差を調査した実験でも、それが証明されています。男女の被験者をわざと怒らせた後に、それぞれ別の部屋に呼び出し謝る、という実験です。

女性は、謝られてすぐ血圧が元の数値に戻りましたが、何と男性は、謝られたことで血圧が20%も上昇したそうです。

女性はつい感情が先行しがちですが、喧嘩した彼氏と仲直りするには、男性の怒りの性質を知っておくことが大切です。

喧嘩を早くやめたくて、つい口をついて「ごめんね」と言ってしまいそうになるかも知れません。でもそこはグッとこらえ、男性が納得する言い方を考えてから、彼との話し合いに臨みましょう。

まとめ

喧嘩した彼氏と仲直りする方法は、実はそんなに難しくないんです。

①喧嘩前なら、「感情+喧嘩はやめたい」というセリフを彼氏に伝える

②喧嘩した後は、一人になり冷静さを取り戻す(すぐに彼氏に謝らない)

③喧嘩の原因や反省点を、論理的に彼氏に伝える

この3つを守るだけで、喧嘩した彼氏ともすんなり仲直りができます。

ベストなタイミングで、男性に刺さる言い方で自分の非を認めて謝る。こんな大人の対応ができれば、もう彼氏との喧嘩も怖くありません。

どうしても、感情的になりやすい女性の言動が、喧嘩の発端になりやすいものです。そこを前もって自覚してコントロールしてあげれば、彼氏との円満な関係作りがよりスムーズになりますよ。

>>彼氏と喧嘩してLINEは未読無視。このまま別れるのを防ぐには?

>>彼氏と喧嘩し修復不可能な状態に…彼と仲直り・復縁する3つの方法