好きな人やパートナーとの相性って気になりますよね。もちろん相性が良い方が、喧嘩も少なくラブラブなままでいられますから、それが一番理想的です。

では、どうすれば気になる彼との相性がわかるのか?それは、価値観が合うかどうかをチェックすれば良いのです。

ここで言う価値観とは・・・
「世の中がうまく回っていくためには、何を大事にするべきか?」という考え方の基準の事です。何を正しいと思っているか、何を信じて生きているか、という言い方もできますね。

 

今回は、簡単にできる価値観診断をご紹介します。あなたと彼が3つのタイプのうち、どれに当てはまるかをチェックし、二人が同じタイプなら、相性が良いという事になります。

それでは早速診断してみて下さい。

1.物量型

物量型の人は、「努力は必ず報われる」「頑張った分だけ成功に近づける」といった考え方をします。

一つの会社で真面目にずっと働き続けれれば、いずれ出世することが約束されていた、という、かつての日本で当たり前だった価値観ですね。そのため、昔の日本人にはこの物量型タイプの人が多かったのです。

仕事だけでなく、勉強やスポーツでもこの特徴は表れます。基礎をおろそかにせず、粘り強く結果が出るまで反復練習をするようなタイプが物量型です。トライ&エラーを繰り返し、成功をつかむまで何度も問題に挑みます。

恋愛においても同じで、段階を踏んでマメなアプローチを重ねていくのがこのタイプの人の特徴です。いわゆる、真面目で実直な人によく見られる価値観ですね。

2.方略型

方略型の人は、一つのやり方にこだわらず、やり方を変えればうまくいくと考えます。

ですので、物量型の人とは価値観がかなりズレます。カップルの片方が方略型で、もう片方が物量型だったりすると、モメ事が多くなるのです。

例えば同棲を始めた時の家事のやり方などはモメやすいですね。私も経験があります。彼は今までの自分のやり方にこだわり、私は違う方法を提案するので、結果言い合いになりモメるのです。

今思い返せば、彼は物量型で私は方略型に当てはまるので、こういう喧嘩が多かったんだなと理解できます。

ただ、この価値観の違いや特徴を知らないと、ただお互いイライラして喧嘩がヒートアップするだけなんですよね。私達も同棲スタート時は本当に苦労しました…。

3.環境型

環境型の人は、物事がうまくいかない原因を、周りの環境のせいにするタイプです。何だかワガママな感じがして、自分は当てはまりたくないな…と思いますよね。

でも、この環境型の価値観を持つ日本人が、最近増えているのだそうです。

真面目で堅実な、かつての日本人の鑑だった物量型の人数が減り、その分環境型の人数が増えたそうです。

確かに、平成生まれの私の周りでは、約半数が転職を経験しています。私が新卒で会社員になり、4年後に寿退社をした時、20人いた同期の数は5人になっていました。

終身雇用の考え方も崩壊し、今やどんな有名な企業にいても倒産の可能性があるワケですから、環境型の人が増えたのも仕方ないのかも知れません。

転職を繰り返す人が多いのも、そんな時代の影響があるのかも知れませんね。

彼の学生時代の話を聞くと、どのタイプかわかる

気になる人やパートナーがどのタイプか見極めるには、その人の学生時代の事を聞くとわかりやすいです。

勉強や部活・趣味への取り組み方の特徴を見ていけば、物量型・方略型・環境型のどれに当てはまるか自然と見えてきます。

もちろん、今の仕事ぶりや恋愛に対する姿勢を観察してみても、どのタイプか見極めることは可能です。

まとめ

かつての日本には、環境型の人はおらず、物量型と方略型の人が約7:3の割合だったそうです。

それが最近では、物量型の人が約4割、方略型と環境型の人がそれぞれ約3割となっているそうです。

大多数の人が物量型だった昔よりも、価値観が多様化した現在の方が、男女間のモメ事は起きやすいのかも知れませんね。

自分とパートナーの性格や価値観って、わかっているようで意外とわかっていないものです。でも、その特徴さえ理解してしまえば、モメ事は最小限に抑える事ができます。そう考えると、やっぱり心理学って奥が深いしすごいなあと改めて思います。

>>彼氏と喧嘩してLINEは未読無視。このまま別れるのを防ぐには?

>>彼氏と喧嘩し修復不可能な状態に…彼と仲直り・復縁する3つの方法