「復縁したい相手がいるんだけど、イマイチ距離が縮まらない…。」

「私は復縁したいと思ってるけど、相手が自分のことをどう思っているのかわからない…。」

こんなふうに悩んでいる人は、まず今現在の自分の復縁できるレベルを把握することが大事です。

その上で、レベルに応じた対策を取れば、復縁の可能性はグンと高まります。

まだ復縁できる可能性がかなり低いのに、いきなり相手に猛アプローチをしても、うまくいかないですよね?

それどころか、あなたへの印象が悪くなり、余計に復縁が遠のいてしまう場合もあります。

コチラでは、復縁できるかどうかの診断テストと、その結果ごとにベストな復縁方法をまとめました。

早速あなたも今の復縁レベルをチェックして、一番効果のある復縁方法を試してみて下さいね。

復縁できるかどうかチェック!

【相手とはほぼ音信不通状態】
→復縁できるレベル1

このレベルは、「LINEをしても未読スルーされることが多い」「いつも未読が1週間以上続いてやっと返信がくる」という状態の人も含まれます。

この段階の人は、まず相手から返信がもらえることを目指してやっていきましょう。

LINEがいつまでも未読状態で返信がない人はたいてい、相手が返信しづらい・面倒に感じるような文章を送りがちです。

例えばこんな文章です↓

◆自分の近況報告や、ダラダラ長くて何が言いたいのかよくわからない文章
→一方的に近況報告をされても「ふーん」で終わって返信の必要ナシと思われますし、長くて意図がわからない文章はスルーされる確率が上がります。

◆別れた事に対する反省や、相手を責めるような内容の文章
→こういう内容は文章が長くなりがち&重いので、相手は面倒に感じて未読スルーされることが多くなります。

◆相手から返信がないのに自分から続けてLINEを送ってしまっている
→しつこいLINEは相手にしてみれば催促に感じられ、ますます返信してもらえなくなります。

これらは、復縁したいと思う人の多くがやってしまいがちな失敗ですので気をつけましょう。

対処法としては、

①相手が返信しやすい内容をよく考えて送る

②返信がすぐ来なくても気にしすぎない

この2つが効果的です。

LINEは気軽にメッセージが送れるので、つい考えもなしに相手に連絡をしてしまいがちです。

でも、相手がどう返信すればイイかわからなかったり、返信する必要はないかな?と思うような内容を送っても、未読スルーされるのがオチです。

そうならないために、相手が気軽に返信できるような内容の文章をちゃんと考えてから送りましょう。

YES・NOで答えられるわかりやすい質問や、お互いの共通の話題などなら未読スルーもされにくいハズです。

とはいえ、相手にも都合があるので、即日や2~3日で返信が来ることを期待するのはやめましょう。

LINEの未読・既読・返信スピードを気にする人はとても多いのですが、焦っても返信が来るわけではありません。

あなたは即返信するタイプだったとしても、相手もそうだとは限りませんので、相手のペースにまかせてのんびり返信を待ちましょう。

よっぽど大嫌いな相手でなければ完全無視はされませんので、少し落ち着いて心に余裕を持ちましょうね。

【返信は来るけど2人で会うチャンスがない】
→復縁できるレベル2

このレベルは、「LINEはちゃんと返ってくるけど、2人で会う話になるとなかなか進展しない」「こっちから誘ってみてもいつも何となく流されてしまう」という人が該当します。

このケースは、「私のことどう思っているんだろう…」というあなたの自信のなさが相手に伝わってしまい、イマイチ相手が乗り切れないことが原因かも知れません。

変に遠慮をしてしまったり、「私とは会いたくないって思われてたらどうしよう」などと考えていると、そのネガティブな感情は相手にも伝わってしまいます。

例えば、

×「もし時間があれば、今度一緒にご飯でもどうかな~と思ってさ。忙しいようならまた改めてでも大丈夫だよ。」

〇「あそこのお店が美味しいらしいんだけど、今度一緒に行こうよ!今月か来月の土日で都合のイイ日とかある?」

こんな感じです。

断られるのがイヤで誘い方があいまいになってしまうと、相手の反応もあいまいになったり未読スルーされる原因になり、結局会うことができません。

2人で会いたくないから返事をにごしているのではなく、誘い方に押しが足りないから話がまとまらないというケースは、別れた後のカップルにとても多いのだそうです。

相手が本当に忙しくて会えないという場合もありますので、断られてもあまり気にする必要はありません。

何もせずに相手の気持ちが離れていくくらいなら、できることをやって悔いの残らないようにしましょう。

【たぶん両思いだけどあと一歩復縁できない】
→復縁できるレベル3

このレベルは、「復縁したい相手と連絡も取れてるし2人で会うこともできるんだけど、復縁の話はいつまでも進展しない」という状態の人です。

ここまで来てあと一押しで復縁を叶えるためには、復縁したい相手に①ときめき感②さみしさを与えるのが効果的です。

①のときめき感を与えるというのは、付き合っていた頃のお互いが好きだった時の感情を思い出させるというのものです。

「ここって前に来たことあるね」という感じで、時々さりげなく昔を思い出させるような話題を振るのです。

さすがに、毎回会うたびに話すのは未練がましいのでNGですが、付き合っていた頃の感情を徐々によみがえらせるのは、相手に復縁したいと思わせるのに効果的です。

②のさみしさを与えるというのは、別れてからもこれだけ親しいのに、あえてあなたの方から距離を置く、というものです。

あなたからのLINEの回数を減らし、返信する時もあえて遅らせてみたりします。

向こうから何かお誘いがあっても、時々断ったりしてみるのです。

こうして、あなたと一緒にいたときのときめき感と、冷たくされるさみしさを両方体験させることで、あなたが大切な存在だったと気づかせることができます。

そうすることで、あなたを失いたくない→もう一度やり直したい→復縁したい、と相手に思わせることができるのです。

いかがでしたか?

あなたも自分の復縁できるレベルを見極めて、ベストな方法で相手にアプローチして復縁を叶えて下さいね(^^)

ちなみに、今回の復縁できるかどうかの診断テストと復縁テクは、ある占い師の先生に教えてもらったんです。

その占い師とは、電話占いヴェルニの緋鞠(ひまり)先生という人です。

↓緋鞠(ひまり)先生はこんな占い師です↓
 

ヴェルニというのは、電話で占い師の鑑定が受けられる電話占いのサイトで、会員数20万人の業界最大手です。

占い師も数百人在籍しているんですが、その中で復縁鑑定の評判がすごくイイのが緋鞠先生なんです。

緋鞠先生は、復縁したい相手との音信不通解消や復縁成就が得意で、今までにもかなりの人数の復縁を叶えてきました。

実際の口コミをご紹介しますね↓

先生♪昨日連絡きました。凄い!それにあう約束もできました。いいなぁ~先生の能力!私は先生がいれば生きていくの怖くないよ!!ありがとうございます!季節の変わり目お身体に気をつけて!!

引用元:電話占いヴェルニ公式サイト

緋鞠先生…Sです。 緋鞠先生凄すぎです♪( ´▽`) 数日前に元彼との復縁を諦めかけ
最後に先生に聞いてみた時 「彼はまだ貴方を思ってます メールしないと彼が諦めかけてる…早くメールして下さいね」 とアドバイス下さり 私は しつこくないかな?くらいの気持ちでした。 そして 週明け アドバイスの通りの文言でメールしました。 彼から何の返信もなく 本日お昼に 泣き明かした挙句 メールを見たであろう彼の気持ちを先生に聞き
「 彼は読んで 考え 必ず連絡来るから 4月までに逢えてます。諦めないで お祈りしてますから」 お言葉頂きましたが 私は もう無理だ。絶対に彼は戻って来ない…と正直思いました。 ヴェルニでジプってて 絶対無理のご意見に凹みまくり 緋鞠先生の鑑定を信じられないくらい泣いた日々があり

正直 疲れてました。 先生の待ってみての言葉で 分かりました。 と電話を切り 2時間後

夢にまで見た 彼の名前の着信に 手が震え 電話に出ると 彼が 「 メール読んだよ 気持ち分かったよ ありがとう 会おう」 涙も出ないくらいびっくりしました。

今月中に逢えそうです(^^) 先生にお礼の電話したら 自分の事のように喜んで頂き嬉かったです。 本当にありがとうございましたm(__)m

今回私がした事を2度と繰り返さないように気をつけて 彼を大切にします。
彼を失い 私はこの一年 取り戻す事が出来たら 何もいらないと思い続けてました。

他の先生は吹っ切って前に進んで…と言う中 緋鞠先生だけは 待って 諦めないで メールして… そのメールに書く言葉までアドバイス下さり 本当に感謝していますm(__)m

今夜は 思いっきり嬉し泣きします(*^o^*)

緋鞠先生 感謝 感謝です(^^)

引用元:電話占いヴェルニ公式サイト

このような緋鞠先生への口コミは、ヴェルニのレビューページに1,000件以上も書き込まれていて、緋鞠先生の実力がよくわかりますよ。

どうしても元彼にLINEブロックを解除してもらえない人や、個別に復縁の方法をアドバイスして欲しいという人には、緋鞠先生の鑑定がオススメです。

電話占いヴェルニに無料登録をすれば簡単に鑑定依頼ができるので、復縁希望の人はぜひ相談してみて下さいね。

ヴェルニの公式サイトから無料登録→在籍占い師検索で「ひまり」と検索すれば鑑定を申し込みできますよ。


↓ ↓ ↓ ↓


↓ ↓ ↓ ↓