別れた後も、元カレのことが好きすぎて彼のことばかり考えてしまう。

その結果、元カレに対してストーカーのような事をしてしまう人もいるのではないでしょうか。

コチラでは、元カレへのストーカー行為が止められない時の対策方法をまとめました。

そもそもどんな行為がストーカーになる?


元カレへのストーカー行為と言っても、どの程度ならセーフで、どの程度からストーカー行為になるのでしょうか。

よくある事例でまとめてみると…

【ストーカーと言うほどではない】

・別れてから、元カレに1~2度メール、LINE、電話などをする程度

・元カレのSNSを時々チェックする程度

【元カレにストーカーと言われる可能性がある】

・非通知や公衆電話から何度も元カレに電話をかける(無言電話も含む)

・元カレのSNSを毎日かかさず(一日に何度も)見てしまう

・元カレのSNSや、新しい彼女のSNSに嫌がらせメッセージやネガティブ発言をする

・元カレが現れそうな場所で待ち伏せをする

ハッキリとした定義はありませんが、復縁に悩む人たちの口コミを色々と比較してみたところ、このあたりがストーカーのボーダーラインと言えそうです。

もっと詳しく分析すると、元カレに対して悪意のある・仕返しや復讐の気持ちがこもった言動はストーカー行為になりやすいと言えます。

別れたけど元カレのことがまだ好きで、未練があって連絡したりSNSをチェックしてしまう、という程度ならストーカーと言うほどではありません。

ですが、振られた悲しさや納得がいかない気持ち、新しい彼女に対する妬みが強いと、同じような行動もストーカー行為に発展してしまうのです。

ストーカーはやめたいけど気持ちが収まらない時は


元カレへのストーカー行為が止められない人の大半が、心の底では「こんな嫌がらせのような事は自分でもしたくない…」と思っているケースが多いようです。

でも、ひどい振り方をされたり、一方的に音信不通やSNSブロックをされたから、元カレにも何かしないと気が済まない、というジレンマを抱える人が多いのです。

そんな時の対策方法を3つご紹介したいと思います。

①自分の気持ちに正直になる


あなたは、元カレが困ったり嫌がることをわかっていても、それでもストーカー行為をしないと気が済みませんか?

もし、ほんの少しでも「本当はこんなことはすべきじゃない」と思っているなら、その自分の気持ちを尊重してあげて下さい。

その気持ちを無視して元カレにストーカー行為をしても、自分の本心を裏切ることになるので、結局あなたの気持ちはスッキリしません。

それに加えて、元カレにも嫌われるという最悪の事態になってしまいます。

自分が本当はどうしたいのか?もう一度冷静になって考えてみて下さい。

②少し時間を置いてみる


“時間薬”や”冷却装置”という言葉があるように、少し時間を置くことで気持ちが落ち着き、元カレへの執着心も薄れる効果が期待できます。

元カレへのストーカー行為は、別れたり振られた直後にやってしまう人が多いですから、1~2週間、できれば1か月くらい期間を空けて、再度考え直してみて下さい。

その期間は、なるべく元カレのことを考えず別のことに熱中するのが良いでしょう。

そうすると案外、元カレのことなんてどうでも良くなって、新しい恋愛をスタートできたという人もたくさんいます。

個人差はありますが、一旦元カレの事を頭から離すというのは、冷静な判断をするためにも一度試してみて欲しいです。

③復縁のプロに相談する


どうしても元カレが好きすぎて冷静になれないという人は、復縁のプロにアドバイスをもらうのがイイですよ。

自分だけで悩み過ぎた結果ストーカー行為をしてしまうケースもあるので、そうなる前に第三者から客観的な意見をもらうと冷静になれます。

特に、電話占いヴェルニの緋鞠(ひまり)先生という占い師は、ファンも多くて復縁成就の実績もかなりあるのでオススメです。

↓緋鞠先生↓

「緋鞠先生はどんな悩みでも優しく受け止めてくれて、相談するといつも気持ちがラクになる」

「先生のアドバイスのおかげで、元カレと冷静に話し合ってやり直すことができた」

こういった口コミが、公式サイトに1,000件以上も書き込まれています。

緋鞠先生の詳しいプロフィールや口コミはコチラ>>

元カレへのストーカー行為が止められない人は、一度緋鞠先生に相談をして、元カレに対して今後どう接していけば良いのか教えてもらいましょう。

緋鞠先生に鑑定してもらうには、

ヴェルニ公式サイトから無料会員登録
②サイト内で緋鞠先生を検索
③鑑定依頼をする

これだけでOKです。

↓ヴェルニ公式サイト↓
↓在籍占い師検索↓
↓鑑定依頼↓

緋鞠先生は人気で予約がすぐに埋まってしまうので、悩んでいる人は早めに鑑定依頼をしておくのがオススメです。

↓【電話占いヴェルニ】公式サイト↓