~彼から「別れよう」と言われて寄りを戻す〜これは難しい事なのでしょうか?

確かに、彼から別れようと言われて振られてしまった後、復縁をお願いしても寄りを戻せなかったなんて話も良く聞きますね。

ですが反対に、別れようと言われたにも関わらず、後から寄りを戻すことができたカップルも存在します。

この違いは一体何なのでしょうか?

そこで今回は、別れようと言われて寄りを戻せた人とそうでない人の違いをまとめてみました。

寄りを戻せた人は、元彼に執着しなかった

別れようと言われても、彼に未練があるとすんなりは受け入れられないかも知れませんね。

でも、これから寄りを戻すためには、今の未練は少しガマンする必要があります。

彼が別れようと言っているのに、あなたが嫌だと言ってしまうと、彼の意見に反論していることになります。

自分の意見に反対されるのって、あまり良い気分じゃないですよね?

ましてや、彼はあなたと別れたい=少なからずあなたに不満があるのです。

そんな時に、さらにマイナスの印象になるような事は言わないほうがイイです。

別れようという彼の意見を素直に受け入れるのが、今のあなたにできるベストなことです。

今のあなたの印象を少しでも良くしておくことが、今後寄りを戻すために必ず役に立ちますよ。

寄りを戻せた人は、彼からの連絡を待つ事ができた


別れようと言われて振られた後、元彼に連絡を取りたくなるのは当然だと思います。

ですが、寄りを戻すことができた人の多くは、元彼にあまりしつこく連絡を取ったりしていないんです。

寄りを戻したい気持ちが元彼にあれば、自然と元彼のほうからあなたに連絡してきます。

でも、別れてすぐに彼から「寄りを戻そう」と言って来るケースは少ないので、彼が復縁を意識するまで待つ必要があります。

それを待たずに、別れようと言われたあなたから彼に連絡してはいけません。

寄りを戻すことを彼に考えてもらう時間を取りましょう。

復縁するためには、あなた中心ではなく、元彼のことを一番に考えた言動が重要になります。

寄りを戻せた人は、積極的だけどガツガツしなかった

先ほどお伝えしたように、寄りを戻すにはお互いのために冷却期間が必要になります。

彼にむやみに連絡を取ったり、あなたの意見ばかり押し付けてはいけません。

ただ、本当に黙って何もしないのでは、それも寄りを戻すことはできません。

同窓会や、元彼を含むグループでの飲み会などには積極的に参加しましょう。

元彼と会った時も、変に避けたり不自然な態度を取らず、友達に接するようにすればOK。

さらに、別れてから始めた趣味や習い事があれば、それを話題にするのも良いでしょう。

振られても前向きに頑張っている様子は、彼に好印象を与え、寄りを戻す気持ちを芽生えさせます。

他にも、別れた時より見た目がキレイになっていたり、気配りができるようになっていると、「やっぱり寄りを戻したいな」と思ってもらいやすくなります。

彼に直接「寄りを戻したい」と言うのではなく、あなたの魅力が言葉なしでも彼に伝わるように努力しましょう。

そうすれば、彼のほうから寄りを戻したいと言ってきてくれますよ。

 

別れようと言われても復縁できた成功者の法則、おわかりいただけましたか?

①元彼への執着を捨てる
②こちらからしつこく連絡を取らない
③自分を磨くことで元彼を振り向かせる

というのが復縁成功者の共通点だったんです。

彼から別れようと言われたばかりの人は、この点を意識していけば復縁を叶えることも十分可能ですよ。

ですが、「もうすでに元彼にしつこく連絡を取ってしまい、彼から返信が全然来なくなってしまった…」という状況の人もいるかと思います。

実は、私にも全く同じ経験があります。

元彼とケンカ別れしたものの、やっぱり彼に未練があって、「ごめんね」「もう一度二人で会えないかな?」といったメッセージを続けざまに送った挙句、音信不通にされました。

でも、そんなどうしようもない状況の私を救ってくれた、まさに恩人と言える復縁占い師の先生がいるんです。

詳しくは次のページでご紹介していますので、復縁はかなり厳しい状況だけど彼を諦められない、という人はぜひ参考にしてみて下さい。

NEXT→元彼が忘れられない人へ~私はこの占い師のおかげで復縁できました